2017春服メンズ!モテるコーデとモテないコーデ2つのポイント!

女性ウケ抜群のスプートニクス着こなしコーデをみてみる

 

 

2017春服メンズ!モテるコーデとモテないコーデの徹底的な2つのポイント!

 

2017春服メンズ服が、人を表し人が服を表す。それは女性だけでなく男性にも当てはまる。季節の変わり目の春服メンズファッションよってモテるレベルはどれだけかわるのか。季節外れのダウンジャケットコーディネートではなく春先らしいスプリングコートで主にメンズトレンチの着こなしはグッとお洒落でかっこいい!女性目線からすればメンズファッションって清潔感に加えてTPOと季節感ある服装が好きなんです。その他にも色々な要素があります。

 

まずひとつめ。近年のメンズファッションにおいては使われる色が増えたとされているが、やはり女性のファッションのものと比べれば数は限られており、全体的にダークカラーが多い。そんな中で、モテる男の服装とモテない男の服装の違いは「黒」という色の扱い方であろう。

 

春服でシャツやパンツなど、メンズファッションではあらゆるところで黒が用いられているが、取り入れ方を間違えるとモテから遠ざかるのだ。まず、「全身黒」はモテない。極力控えるべきだ。ロックやパンクなどブランドやジャンルによっては黒づくしのコーデとなることもあるだろうが、怖さや不安を冗長させてしまうからである。黒だけでなく他の色を1、2つ入れるだけでモテる可能性はかなりあがる。特に春先のモテるメンズファッションは爽やかに着こなして欲しいと個人的に思うのだ。

 

ふたつめは、春先のメンズコーデで差がつくアクセサリーの存在である。実は洋服自体はユニセックス化している部分もあり、女性がボーイッシュな格好をしたり男性がパステルカラーの服を着る流れもある。そのため、アクセサリーは以外にも「男性性」をアピールできる貴重な存在となっているのだ。意外なことにアクセサリーを付けている人は少なく服と靴だけで終わっている男性は多い。これではただ服を着ているだけで終わってしまい、「自分はこういうファッションが好き」というアピールもないのでモテから遠ざかってしまう。

 

つまりモテる男の服装はアクセサリーがあることに強くかかわっているのだ。アクセサリーをつけるだけで服のテーマが決まりやすくなり、また「私はこういう小さなところにも目が行き届く人です」というアピールができる。他にも服そのものはカジュアルながらも指輪やネックレスをごついシルバーなものにするだけで、ギャップ好きな女性はぐっとくる。金属アレルギーが心配な場合は革製のモノを使ったり、多種多様である帽子をつけるだけでも雰囲気は変わるだろう。春は洋服を新しく購入して気分維新するのが素敵だと思います。

 

モテるメンズファッション 、メンズスタイルをもっとみてみる