春先のメンズファションコーデ!ダサいファッションから卒業しよう!

女性ウケ抜群のスプートニクス着こなしコーデをみてみる

 

 

春先のメンズファションコーデ!ダサいファッションから卒業しよう!

 

春先のメンズファションコーデ!もうすぐ季節は春ですね。季節がわりに心機一転して衣替えをされる方も多いのではないでしょうか。重々しいコートや、アウターなどともお別れをしてこれからは身軽な服装を楽しめるようになります。しかし、この春とか夏っていうのは時に残酷で、ありのままのファッションセンスがさらけ出される季節でもあるのです。秋冬には、コートやアウターで隠していたインナーのセンスが問われる季節なのです。そこで、春に見たダサいと感じたエピソードをひとつ披露しようと思います。まず前提としてダサいって言葉の意味は、「野暮ったい」とか「格好悪い」と同義ですよね。その他に、服が似合っていなかったり、パーソナリティー性にそぐわない服装もダサいと感じることがあります。実際どんなものがダサかったかというと、長身の男性(おそらく20代)でメガネをかけていて外見はどう見ても草食系の男子。

 

なのですが、仙人みたいなお髭を生やされていて、スカートをはいていらっしゃる。その上、上はシャツとカーディガンを羽織られ全体を通してまとまりのない格好をされてた方がいらっしゃいました。これは、一言で「ダサい」と言い切ってもいい何かしらの要素をもってると思いました。それはおそらく、まとまりのなさ。なんじゃないかと思いました。だって、草食系で、メガネかけてる人はいっぱいいるし、善人みたいなヒゲを生やしている人もたくさんいるし、スカートをはく男子だって世の中探したら大勢いらっしゃるだろうし、シャツとカーディガンなんて定番のファッションだし、「でも」、どうしてこの人が一発でダサいと思ったかというと、それらジャンルの違うファッションを全部融合しちゃって、まとまりのないものにしちゃったからなのかなと思います。春先のメンズファションコーデで欲張りにいろんなジャンルのファッションに手を出すのもいいけれど、取り止めがなくなってダサくなるよりは春先のメンズファションコーデで、私はひとつのジャンルだけでもで綺麗に着こなしのできるセンスを持っている人の方が好きです。

 

春服ファッション 、メンズスタイルをもっとみてみる