男子高校生の夏服!色彩心理とパーソナルカラーを駆使したモテ服!

女性ウケ抜群のスプートニクス着こなしコーデをみてみる

 

 

男子高校生の夏服!色彩心理とパーソナルカラーを駆使したモテ服を知ろう!

 

男子高校生の夏服!色彩心理において来ている服の色に寄り相手に与える印象やその効果は全然違う。
大体の印象をずらり紹介します。

 

まずは、赤。赤は行動力、決断力、スピード感をイメージさせる。
黒は、カリスマ性、意思強固をイメージさせる。男性ファッションにおいては無難な色の代表だと思う。
青は、信用、冷静、ストイック
緑は、穏やかさ、バランス
茶は、信頼、品質重視
黄は、フレンドリー、マイペース
紫は、美意識、直感力、ミステリアス
ピンクは、優しさ、甘え上手、
オレンジは仲間意識、チャレンジ
水色は思いやり、サポート
グレー は控え目、デリケート...etc

 

これを頭に入れたうえで選別していくと、10代なら茶色や、紫は老けて感じるし
黄色や赤がメインの色だと目立ちすぎて、逆に老けて見える。モテるアイテム色ではないと思います。
男子高校生の夏服!

 

そしてそこにパーソナルカラーという自分が一番似合う色を掛け合わせる。
人それぞれ個性が違うように、自分の生まれ持った色(肌・髪・瞳・頬・唇...)によって、似合う色もそれぞれ違うのだ。

 

男子高校生の夏服でパーソナルカラーは、すべての色を「黄みイエローベース」「青みブルーベース」に分けます。
さらに、明るさ、鮮やかさの特徴で「Spring「Summer」「 Autumn」「Winter 」の4つのグループに分けて、似合う色をコーディネートしていく考え方である。

 

ちなみに私のパーソナルカラー診断は、シルバー派 Winterグループでした。
モノトーンとクールで鮮やかなカラーが似合う。
・肌:黄みが少ない
・目:黒い瞳、はっきりした目
・髪:黒くて艶やか
・性格:ストレート、個性的
・外見:クール、シャープ
・ファッションイ:モダン、マニッシュ

 

この考え方をベースに服を選んでいくと、男子高校生の夏服!おのずと自分の勝負服が出てくると思うのだが
結果、気取った服であったり、狙い過ぎた服だと、モテはしないというのが私の結論です。

 

モテるメンズファッション 、メンズスタイルをもっとみてみる